ヤマハ取扱説明書の入手

ヤマハの車両付属の取扱説明書は「取扱説明書ダウンロード – バイク スクーター | ヤマハ発動機株式会社」で“最新のモデルのみ”をPDFで入手でき、“過去のモデルは冊子を有償販売”となっていますが、「取扱説明書PDFダウンロード」では“2000年以降にリリースされたモデルの取扱説明書PDFをダウンロード”となっています。

どういう事??

1100に乗り換え、そしてコケる…

4月11日にドラッグスター1100が納車されました。

排気量は4倍になったもののドラッグスター感はそのままで、シリーズの意味を納得させられます。250ccでも同様のフィーリングを得られているという事ですからすごいですね。
乗り換えの新鮮味は少ないもののすぐに慣れ、安心して走れています。

という自惚れもつかの間、翌日早速こかしてしまいました。

駐車場内で発進直後、微速のまま右に曲がろうとしてスロットル足らず半クラ弱く、エンジンが止まってしまい、そのまま右側へ転倒。なんとか踏ん張りはしたのですが、車両重量275kgに耐えられるはずはなく、フレームのステップ付け根部分とマフラーの一部に少し傷が付いてしまいました。

バイクの、特に大型車のエンジンが止まってしまうのは致命的な事と思い知らされました。しばらくショックから立ち直れませんでしたが、傷は軽微でしたし、良い経験ができたと今は思えています。あれが路上だったらどうなっていたかと思うととても怖い…

低速時の走りやすさとは?

大型二輪免許を取得し、BOLTを夢見る日々。でも最近は、クルーザーならではの足を前に放り出した乗車姿勢を捨て切れず、ドラッグスター1100も検討中。
いずれにしても気になるのが低速時の走りやすさです。

大型二輪での公道走行はBOLTを試乗した時の1回だけしか経験が無いので、その時の印象が強く残っています。そう、けっこう走りにくい。
と言っても、慣れていない、というのが1つの理由と思いますし、最高速度が全く違うのに変速比は同じ5速なのですから、シフトの使い方も違うはず。

そこで今日は、大型二輪に乗り換えた後に比較もできるよう、ドラッグスター250でのシフトの使い方をあらためて確認してみました。
停車時から50km/hを目標に加速する時のシフトチェンジはこんな感じ。

1速で10~20km/hまで上げ、
2速で30km/h、同様に、
3速で40km/h、
4速で50km/hまで上げて、
5速で50km/hをキープしています。

燃費を意識したエコ運転をしているとは思います。tachometerで確認すると、加速時は約3,000rpm~4,000rpm、5速で約3,000rpmですからやはりほとんど回していませんね。

このまま道路状況都合等で40km/hまで落としても、再び加速しない限りは5速のままで十分走り続けられますから、そうすると2,500rpmという事になります。
この2,500rpmという低回転を、エンジンブレーキの最も弱い5速でキープできるという事が今の走りやすさのような気がしていて、買い替えを懸念する要素の1つです。

バイクや車に乗られる方なら分かっていただけると思うのですが、だら~っと走りたい時って、スロットル(アクセル)は弱めが楽ですし、反応も鈍い方が良いですよね。
(あ、ただし、クイックな反応を求められそうな道路状況の場合は、ちゃんとギアを低めに、回転数を高めにして走っていますので、あしからず。)

BOLTで同じく5速の2,500rpmでは74km/hにもなりますから、やはり全然違いますし、2,500rpmで40km/hとなると、2速です。2速ですとバイクはスロットルの操作に敏感に反応しますから、のんびり運転する状況ではありません。だからと言って、鈍くさせるために5速で40km/hとなると、1,335rpmです。うーん、さすがにノッキングしそう。

こんな風にぐるぐると想像をめぐらせています。早く乗り換えて解決したいなぁ。

淡路島「そばカフェ生田村」

バイクで初めて淡路島に行ってきました。ETC車載器を取り付けていないので、明石海峡大橋の通行料金は¥1,900。気軽に行ける金額ではありませんが、ETCなら半額以下の¥750ですから魅力的です。次のバイクには絶対に取り付けたい。

JB本四高速:料金情報:通行料金表:神戸淡路鳴門自動車道

淡路サービスエリアでいったん降車、下り線側をぶらっと散策したら、すぐバイクに戻り、淡路インターチェンジを出て直進、県道157号へ。夕陽が丘クリーンセンターへの三叉路を右折して西岸の31号へ出ました。なるほど、これが淡路ICから西岸の方へ行く最良ルートなのかな。

31号に出てから南へ約11km、交差点「育波橋」を過ぎて、道路向かいに2軒併設されているガソリンスタンドの次の三叉路を左折、463号に入ります。そこから目的地のそばカフェ生田村まで約4kmは、ところどころに案内がありましたが、細くくねくねした山道に注意です。バイクなのでむしろ楽しかったですが。

昼過ぎ、そばカフェ生田村に到着。廃園になった幼稚園を改装されたそうです。お手洗いにもその面影がしっかり残っています。

IMG_20150221_135305

店内は薪のストーブでポカポカ気持ち良い。じわじわと赤く燃える薪を見ていると、心落ち着きます。でも意外と薪の追加が頻繁に必要で大変そうですね。

IMG_20150221_132713

テーブルに新聞の切り抜きが置いてありました。見るとつい一昨日前の記事。なんと今日から自然薯入りの十割そばを1日限定15食で提供されている、との事でした。全く知らずに来ましたが、なんとタイムリーな。これで賞味できたものならかなりの好運だったのですが、さすがに時間が遅く売り切れていました。

IMG_20150221_134949

注文したのは「生田村そば」¥700。キリッと冷えたコシのある少し細めのお蕎麦です。美味しかった。山盛りにしても良かったな。

IMG_20150221_132938

店を後にして、その後21時頃まで淡路島を走っていました。

たこせんべいの里で無料サービスのコーヒーをいただき(コーヒーだけですみません。今度家族と車で行っていっぱい買います。)、おのころ島神社で参拝、どんどん南下して、道の駅「福良」道の駅「うずしお」まで。

IMG_20150221_161235IMG_20150221_171017IMG_20150221_170704

ツーリングではいつも、着いてみてから「結局こんなところまで」と言っています。今回も最初はまさかと思っていましたが、結局南の端まで行ってしまいました。でもこの「うずしお」、最南端では無いのですね。次回は島を一周して最南端へも行ってみたいところです。

帰路、街灯も無い真っ暗な道中で友人のテールランプ切れに気付き、バイクショップを探したところ、淡路部品さんが20:00まで営業されていて難を逃れました。ありがとうございました!

IMG_20150221_192426

要注意な道@兵庫県神戸市須磨区

兵庫県の神戸市須磨区を走っている時に、要注意な道があったので紹介します。

地図右側の片側一車線の道路(側道)を左下向きに走行、右カーブを経て、バイパスの加速レーンに進入するために左折する部分です。


https://www.google.com/maps/@34.678223,135.102232,93m/data=!3m1!1e3?hl=ja

ご覧のとおり、直角に近いかなり急な左カーブになっています。また、加速レーンも細いため、十分に減速しておかないと、右側に膨らみバイパス本線にはみ出てしまいます。

それにも関わらず、左カーブ前には一旦停止どころか減速路面標示もありません。


https://www.google.com/maps/@34.678398,135.102963,3a,75y,252.7h,90t/data=!3m4!1e1!3m2!1sfdrA0-ujVRDoJuc8pyV5hw!2e0?hl=ja

また、側道からバイパスまでが若干下り坂になっていて、左カーブにも関わらず右側にバンクしているように感じました。


https://www.google.com/maps/@34.67824,135.102191,3a,75y,252.7h,90t/data=!3m4!1e1!3m2!1sYtTCTuD-l4et5TbqiPSm5Q!2e0?hl=ja

実際ここを走行した時、左カーブを曲がり始めるまではその深さに気付けず、減速が不足していたので右側に大きく膨らんでしまいました。バイパスを走行していた車があったらと思うと、ものすごく怖かったです。

ただ、乱暴な運転をしていたわけでも不注意があったわけでもないのにヒヤリハットな事態になったのが納得いかず、わざわざUターンして再度同じ道を走ってみました。今度は当然いつも以上に気を付けて走ります。

それにも関わらず、やはりうまく曲がれませんでした。帰宅後、地図を見て納得。この左カーブは要注意です。

日常点検は大切

先日、夜間走行中にパッシングライトスイッチを押しても切り替わらなかったので、少し焦りました。

e5152

何度か押し続けてみて、5回目ぐらいでやっと点灯したかな?ほっとしました。そういえば、数ヶ月間使っていなかったように思います。

バイクはたまに走らせないと調子が悪くなる、と言いますが、スイッチ類も同じですね。暖機運転中の点検にヘッドライト上下切り替えスイッチとパッシングライトスイッチも加えよう。他に、普段使わないホーンスイッチもチェックしたいけど、さすがに近所迷惑かな。

BOLTを試乗

今日、ヤマハの950ccクルーザー「BOLT」を試乗してきました。
YSP加古川さんのR-SpecブラックメタリックXです。

免許証をお店の方に提示して書類を1枚記入したら、早速BOLTの前まで案内してくださいました。記念写真もお願いして撮っていただきました。

IMG_20150207_123333

思えば一昨年の9月、まだ普通二輪の教習を始めたばかりの頃、この店にドラッグスター250を見に来た時に一目惚れしたバイクです。当時はその排気量を聞いてがっかり、自分とは縁の無い物と思っていましたが、バイクに乗り始めてすぐに興味が出てきて、2014ヤマハニューモデルエキシビションで跨いでからは憧れ募り、とうとう乗れる日が来ました。

エンジンをかけたら、まずその腹まで響く低音に興奮です。ノーマルでこんな音出してしまうんですね。

さて、出発、ですが、大型二輪免許を取得後初めての公道走行でけっこうドキドキです。この写真の状態から右小回りで道路に進入するのも冷や冷やでしたがなんとか無事発進。信号を左折して国道2号を走り始めるとすぐ安定しました。

やっぱりパワーがすごい。シフトチェンジはほぼ無意識だったので何速まで上げたか分かりませんが、加速したらすぐに制限時速に達します。
ただ、やや渋滞気味の時に感じたのが、2速や3速での低速トルクが細めな事。ドラッグスター250なら3速でもトロトロと走れそうな速度がBOLTの場合2速でももたつく感じです。これが大型バイクの特性でしょうか。
街乗りでは1速2速あたりのシフトチェンジとクラッチ操作が多くなりそうです。

あとは、ドラッグスターと比べステップの位置が後方にあって乗車姿勢がやや前傾になり、やや「攻める感」が出てきます。元々分かっていた事ですが、実際に乗ってみるともう少しゆったり感が欲しくなります。クルーザーなので足はどーんと前に放り出したいですね。

国道2号を出て加古川東ランプに向かい、バイパスに入ります。高速走行では路面に吸い付くような安定感に感動しました。軸が全くぶれません。さすがにドラッグスター250とは桁違いの走りやすさです。これなら高速道路での移動もかなり楽になりそう。

加古川ランプでバイパスを降りていったん停車。あらためて車体をまじまじと見回します。

IMG_20150207_124620

スロットルやクラッチからのワイヤーがエンジン周りでちゃんと動いているのが確認できました。フューエルインジェクションではありますが、シンプルな空冷V型2気筒である事が魅力的なポイントで、この機械丸見え感が個人的には重要です。

国道2号に戻り、店に向かいます。信号待ちからの発進や右左折時のゆっくりした旋回は非常に安定して走りやすい。先ほどの感想と矛盾するようですが、アイドル状態で十分なトルクがあり、減速比も低いため、クラッチ操作のみで微速をコントロールできます。

約30分間の試乗が終了。見積もりもしっかりしていただき、店を後にしました。
正直なところ、期待が大きすぎただけに、いくつかの不満点が購入欲を抑えてくれてある意味良かったかな、というところ。あらためてドラッグスター250の良さに気付きました。試乗っていろいろ勉強になりますね!

とはいえ、次は新車が欲しいし、国産が良いし、となるともうBOLTしかありません。引き続き貯金がんばります。ヤマハさん、R-Specも末永くよろしくお願いします!

BOLT C-Spec発表

今日、BOLT C-specが発表されました。

スポーティテイストを楽しめるVツインクルーザー 「XVS950CU BOLT-C」「XVS950CU BOLT-C(A)」を新発売 – 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社 企業情報
bolt-c_main

TwitterやFacebookを見ると歓迎する声が多く、盛り上がっています。確かにクラシックなカフェスタイルで、SRのステップアップは無かったですよね。

BOLTが盛り上がるのはとても嬉しいですが、個人的にはやっぱりクルーザースタイルが良いです。ステップをC-Specとは逆に前方に位置変更させた、ドラッグスター1100の後継となるようなゆったりモデルが出てくる事を期待してしまいます。