IIJmio/D SMSでGALAXY NEXUS SC-04Dのセルスタンバイ問題が解決

10月7日から提供が開始されたIIJmio高速モバイル/DサービスのSMS機能により、GALAXY NEXUS SC-04Dのセルスタンバイ問題が解決しました。

これまで、GALAXY NEXUS SC-04DにIIJmio高速モバイル/DのSIMカードを使用していましたが、アンテナピクトが表示されず、deodexedなカスタムROMやその後はroot化不要の方法等でパッチによる対策をしていました。今回SMS機能付きに変えたところ、標準ROMの状態でアンテナピクトが表示されるようになりました。

Screenshot_2013-10-12-22-30-14.png

その結果、セルスタンバイの電池消費量を抑えられています。

Screenshot_2013-10-12-22-11-09.png

ROMは、テザリングを使用したいため、docomo純正ではなくGoogleが提供しているFactory Imageのyakjuを使用しています。これまでは4.2.2を使っており、今回SIMカードの変更と合わせて4.3を焼き直したのですが、APNが自動で設定されました。

Screenshot_2013-10-12-22-30-40.png

キャリアに依るものかROMの設定に含まれていたのかはよく分かりませんが、ROMを焼いただけの初期状態にSIMカードを挿すだけで、SMS送受信とデータ通信が可能です。また、最近のFactory Imageには中華フォントだけでなく日本語フォントが含まれているようで、docomo純正ROMから抜いたフォントをコピーする必要は無く、Google playからGoogle日本語入力等のIMEアプリをインストールすれば、日本語環境も問題ありません。初期の頃から比べると格段に便利になってきています。