低速時の走りやすさとは?

大型二輪免許を取得し、BOLTを夢見る日々。でも最近は、クルーザーならではの足を前に放り出した乗車姿勢を捨て切れず、ドラッグスター1100も検討中。
いずれにしても気になるのが低速時の走りやすさです。

大型二輪での公道走行はBOLTを試乗した時の1回だけしか経験が無いので、その時の印象が強く残っています。そう、けっこう走りにくい。
と言っても、慣れていない、というのが1つの理由と思いますし、最高速度が全く違うのに変速比は同じ5速なのですから、シフトの使い方も違うはず。

そこで今日は、大型二輪に乗り換えた後に比較もできるよう、ドラッグスター250でのシフトの使い方をあらためて確認してみました。
停車時から50km/hを目標に加速する時のシフトチェンジはこんな感じ。

1速で10~20km/hまで上げ、
2速で30km/h、同様に、
3速で40km/h、
4速で50km/hまで上げて、
5速で50km/hをキープしています。

燃費を意識したエコ運転をしているとは思います。tachometerで確認すると、加速時は約3,000rpm~4,000rpm、5速で約3,000rpmですからやはりほとんど回していませんね。

このまま道路状況都合等で40km/hまで落としても、再び加速しない限りは5速のままで十分走り続けられますから、そうすると2,500rpmという事になります。
この2,500rpmという低回転を、エンジンブレーキの最も弱い5速でキープできるという事が今の走りやすさのような気がしていて、買い替えを懸念する要素の1つです。

バイクや車に乗られる方なら分かっていただけると思うのですが、だら~っと走りたい時って、スロットル(アクセル)は弱めが楽ですし、反応も鈍い方が良いですよね。
(あ、ただし、クイックな反応を求められそうな道路状況の場合は、ちゃんとギアを低めに、回転数を高めにして走っていますので、あしからず。)

BOLTで同じく5速の2,500rpmでは74km/hにもなりますから、やはり全然違いますし、2,500rpmで40km/hとなると、2速です。2速ですとバイクはスロットルの操作に敏感に反応しますから、のんびり運転する状況ではありません。だからと言って、鈍くさせるために5速で40km/hとなると、1,335rpmです。うーん、さすがにノッキングしそう。

こんな風にぐるぐると想像をめぐらせています。早く乗り換えて解決したいなぁ。